にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  つくる事の支援(生産設備販売・保守) >  各会社ごとの設備戦略の違い

各会社ごとの設備戦略の違い

ワークアシストグループの主力サービスで「設備販売」があり、現在も、モノ作り補助金の申請にからめたご提案をご支援をさせて頂いている最中です。

そんなお取引先様もある中で、中には「現状維持」という企業戦略もあるのです。
これは「後継者がいない」そして、「経営者がある程度の年齢である」これが大きな要因となります。

ここで新たに数千万の借入れをおこしても、「返済と経費」を含めた収益を確保する事。これはとても困難だと思います。

こんなお取引様にご提供出来るサービスとしては

①既存、設備で対応出来る仕事の斡旋
②設備の保守、修繕
③修繕対応が不可の場合の中古設備の提供

このような優先順位が、当社のお手伝い出来ることだと思います。

「現状維持」ということが戦略?と思う方も多いと思いますが、事業継承が出来ない場合、こんな選択肢も有りだと思います。




[ 2014年04月18日 06:50 ] カテゴリ:つくる事の支援(生産設備販売・保守) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター