にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  新潟県の研磨研削加工 >  「顔が映る程度の鏡面研磨」でも、コレだけの違いがあります

「顔が映る程度の鏡面研磨」でも、コレだけの違いがあります

SUS板600_800鏡面
SUS板400鏡面

お客様から、バフ研磨の見積依頼を頂き、昨日試作をして頂いた協力先様のサンプルをお持ちして説明をさせて頂きました。
上の写真が#600~800、下が#400のBA材相当の粗仕上げ試作です。
この違いにより「コスト差」で出るので、「用途」「目的」を明確して頂き、見積依頼指示を頂くことにしました。
言葉のニュアンスが一番伝わり難く、後でお互いの想いのずれが生じるのが研磨です。

先ずは「成果物」を見てもらう。研磨品の場合は、こんな試作取組が必要です。




[ 2013年12月10日 06:16 ] カテゴリ:新潟県の研磨研削加工 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター