にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  今日から出来る社内自考力向上の取組方法 >  何故、自考力の向上が人材育成~事業継続に効果があるか

何故、自考力の向上が人材育成~事業継続に効果があるか

事業活動とは「収益をあげ、お金を確実に回収し事業を継続し、雇用を維持すること」です。
その為には必ず「継続した成果」が必要です。

そうなると
①誰が、何時までに、何をどうやって成果に繋げるか
②その何時までの中の「空く時期」を誰が何で埋めていくか
③埋めること。刈り取るゴールは確実にイメージされ設定されているか

常にこの三つのポイントで仕事に対応する必要があります。
そうすると、良く「ビジネスはタイミング」と言われるように「種を蒔き、刈り取りをする順序」がとても大切で、その為には「優先順位」を都度、考える事がとても大切です。
この一連のフローを実現し、成果を出し続ける事を「自考力」を養い対応して行く必要があります。
それは、営業、現場、管理部門、そして言うまでもなく経営陣全ての方が「自分が今の位置で出来ること」の中で常に自考力を働かせる必要がある訳です。
すると「優先順位」が明確になり、全社一致したベクトルとなります。
全社一致したベクトルの中で、優先順位の判断が出来てくると、次は「各人」のステージアップです。

このステージアップから「職務の向上」が人手不足を解消し、「知恵と工夫と創意」が産まれ、「不足を不足と思わない」体制につながります。
そして、このような「内作された人材」から「経営と言うゼネラリスト」にふさわしい人材を育てて事業継続をして行くというあらすじです。





[ 2017年02月17日 06:12 ] カテゴリ:今日から出来る社内自考力向上の取組方法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター