にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  スポンサー広告 >  人材育成サービス(育てる支援) >  組織の中の人材育成にベクトルはありますか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

組織の中の人材育成にベクトルはありますか?

「現場の自考力向上の為の育てる支援」をさせて頂く中で、定年退職や自己都合等による退職は必ず起こります。
そんな時、「今までその方がやっていた事をそのまま、新しい人へ引き継ぐ」こんな方法を取っていませんか?
先ず、この方法では
(1)既存スタッフの守備範囲拡大
(2)業務を処理から対応へ
(3)業務分散による連絡ルーチンの必要性の増加

以上三つのポイントの対処が難しくなって来ます。

「人は知恵を出してナンボ」
こんな環境を作るためには、「考えるチャンス」が必要です。

そんな機会が増えることにより
①これとこれは、処理は別であるが「業務」と捉えた場合はリンクしている。
②前のプロセスを知っている人が、後のブロセスを考えると「処理」が「業務」として成長する
③ちょっと待て!!今まではこうやっていたけど、こうゆうやり方もあるはず

という考え方と行動に変化して行きます。
人は「雇用する責任」、そして「職務を全うする責任」の両面があり、慎重になり「本当に必要な人」を厳選して雇用する必要があるはずです。
そんな時、是非「人材育成のベクトル」を明確にして下さい。
そんなベクトルの作成をワークアシストはお手伝いしています。











[ 2015年04月28日 15:54 ] カテゴリ:人材育成サービス(育てる支援) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。