にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  スポンサー広告 >  経営者としての気付き >  卵が先か、鶏が先か?「結論は同時」だと思います

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

卵が先か、鶏が先か?「結論は同時」だと思います

弊社の支援サービスの中で「売る」「伝える」「育てる」という三つのキーワードがあり、色々なモノ作りの現場でご相談を受ける際に、中小零細企業は必ず「新規取引発生の際の受入体制」という課題にぶち当たります。
もっと具体的に言うと
①新規引合いに対する対応
②生産リソースの問題
③対応スピード

この三つが社内体制に整っていない為、積極的な新規獲得の為の販促活動が出来ないという場面にあたります。
でも、本当にそうでしょうか?
私の私感ですが、先ず順序としては
①「マーケットへ認知して頂くこと」(伝える~売るへ)
②引合いに対する既存社員、または設備での対応をOJTとして取組む(育てる~作る)
③課題を見つけ、出来ることから「コア部分を伸ばす対応を強化する」

と考えるとこの課題は「同時進行すべき課題」であり、①はとても大切なファクタとなります。
弊社はこの三つのポイントに対して「一気通貫」で支援させて頂くサービス提供に取組んでいます。

そうし取り組みのもと、小規模事業者継続化補助金の有効活用をお薦めし、①のマーケットへの認知を開始して頂く為、近々開催予定のセミナーの勧誘をさせて頂いています。




[ 2015年04月21日 05:50 ] カテゴリ:経営者としての気付き | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。