にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  モノを切るという道具の有効活用 >  適材、適スピード、適設備で材料を切断するには

適材、適スピード、適設備で材料を切断するには

刃物の再研磨を依頼頂いているお客様へご提案をさせて頂きました。
刃物の用意された時期と、再研磨の依頼が早すぎる場合があります。どんなに沢山の材料を切断したとしたも、やはり「異常」です。
そこで、「刃物を入れて保管をされている紙箱」へ「使用上の注意」を手書きすることをお勧めしました。
色々な社員方が、切断工具を使うので「管理者が常識」と思う事を理解していない場合も多くあります。

誰でもが、ポイントを理解する事により、少しでも良い状態で切断出来ること。
それが後工程へも大きく寄与する場合も多く、しいては「しなくても良いこと」を増やさない取組にも繋がります。




[ 2014年06月13日 19:13 ] カテゴリ:モノを切るという道具の有効活用 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター