にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  エンジニアリングサポート

メンテナンスレポートの文書化とデータベース化は収益を生みます

様々な装置メーカー様は必ず、アフターメンテナンス作業をされると想います。
それは作業報告書といったカタチで文書化されているとは想います。
もう一歩踏み込み、その作業報告書が「潜在ニーズの発掘」にも活用出来るのです。

それは、最近の設備投資の動向をご覧になっても分るように

①人材確保の難しさ。
②決められた時間内で、一定の作業料を確保する。

という理由をベースに計画立案されている場合が多いという事です。

ワークアシストは実際の設備売買、設備保全、加工仕事に携わる立場から「提供する側と使用する側」の両方のニーズが分るので
このメンテ履歴のデータベースの仕組み構築が出来ます。
これは何も「提供する側」だけの仕組みではなく、「使う側」の設備保全作業にも活用出来るのです。
現場、目線から生みだす仕組み。

ご関心のある方は、ワークアシストまでお気軽にご相談下さい。


[ 2017年08月02日 08:15 ] カテゴリ:エンジニアリングサポート | TB(0) | CM(0)

設計担当の方と、加工先様のスムーズな橋渡しもサポートさせて頂いています

弊社の加工支援の特性として「専用機製作」の加工のお仕事をさせて頂いている場合も多く、様々な図面をお預りしています。
昨日も図面仕上がり注記の記述の方法をアドバイスさせて頂き、出図の時点で、どこ加工先様になるか不明の為、「何処が加工担当をしても同じ解釈の出来る記述」をアドハイスさせて頂きました。
これも、ひとつ「手戻りを防ぐ」弊社の取り組みの一貫であり、スムーズなコミュニケーションによりお互いの「しなくて良い仕事」を削減し、強いてはこれが品質保持そしてコストパフォーマンスの向上へ繋がっています。
[ 2016年06月25日 06:11 ] カテゴリ:エンジニアリングサポート | TB(0) | CM(0)

加工依頼のシャフト設変して頂き「コストダウン」、短納期対応をさせて頂きました

【図面要求】
①SUS303 Φ 10センタレス材
②両端に
2ーM4有効ネジ深さ15を→穴深さ11のタップ深さ8へ変更して頂きました。
ご覧の通り、切り粉の排出、そして工具消耗からすると、とてもコストに見合う寸法ではなく、依頼先様の設計の方へ「仕様用途確認後、設変の了解」を頂きました。
本数は28本で、とてもコストをかけて加工する部品ではありませんでした。
弊社と弊社協力先様の取組特徴は、「用途に合った加工品を適正なコストで、適正な品質で希望納期で対応すること」
これが一つの大きな特長です。
製図は7年前のモノであり、このようなコスト低減も必要性があるはずです。
ひとつひとつの依頼に対して、「思慮をめぐらせて対応すること」
ワークアシストの社命です。




[ 2016年03月12日 08:09 ] カテゴリ:エンジニアリングサポート | TB(0) | CM(0)

設計外注協力先様を探しています

①要望ノウハウ・・・搬送系のノウハウをお持ちのエンジニアリング機能のお持ちの方
②新潟県の下越~中越エリア
です。
やはり専用機系の仕事は混んでいて、色々と探している方々が多いのが実情です。
ご要望を充たせる方々のご連絡お待ちしています。


[ 2016年02月04日 06:52 ] カテゴリ:エンジニアリングサポート | TB(0) | CM(0)

装置系の製造に携わる企業の皆様、「受入基準は明確ですか?

装置系のお取引様も数社さまあり、その中で加工のお手伝いをしていると、「受入基準の曖昧さ」に気付く事が多々あります。
長年、組立作業も外部のお手伝いを受けていると、「次回気をつけてね」で済まない場合も多くなり、時によっては海外まで「不具合の対応」に出向く必要性がある場合も出てきます。
各装置、ユニット事に「注意点」を明確にし、指示をお互いに徹底する。
注意点は各メーカーによって異なり、スポット的に外注先様へ依頼する場合も、とても役に立ちます。

そして「なあなあからの脱却をすること」
これは決して、「必要以上に締め付けること」ではなく、「品質を維持し、最終ユーザーに喜んでもらい、そしてスムーズな検収をし
資金回収を早くする」
この為に必要なことだと思います。

そしてさらには、その注意点が

①本当に必要なのか?
②留意しなくても良い方法はないのか?
③それには、何か部品の仕様をかえると実現出来るか?
④それは品質保持、コストダウンに繋がらないか?
こんなエンジニアリングにも繋がるはずです。

ワークアシストはこんな気付きのきっかけを与える事。こせも大切な社命です。




[ 2015年12月01日 07:13 ] カテゴリ:エンジニアリングサポート | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター