にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  にいがたの食を売ることの支援

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

HACCPの取組についてアドバイスさせて頂き、「分かり易いですね」とお褒めを頂きました

昨日、あるお取引様から相談を頂き、アドバイスをさせて頂き、「セミナー受講時のモヤモヤ解消のお手伝い」が出来たようです。
こちらのお客様は取得するのではなく、その手法を取りいれて来る義務化(2020年頃?)に備えたいというご要望をお持ちでした。
釈迦に説法かと思いますが、HACCPとは危害要因を取り除くのに特に重要になる工程を継続的に監視・記録する管理の方法のことです。 
であれば

①商品アイテム数
②日産数量
③人員構成
④その会社の管理体制

等をお聞きして

先ず
①具体的な手法
②道具(ツール)
③ベースになるレシピ
の管理項目をアドイスさせて頂きました。


弊社のアドバイスの特徴は

①専門用語は使わない(特に横文字))
②コストを極力かけない
③先ずは、「自分達で出来ること」
これをベースにしています。
特に③が大切で、全て現場の「自考力向上」に繋がります。


会社が自立し、収益をあげて、継続出来ること。
これが先ずはスタートライン。継続して初めて「社会貢献」が出来るのです。













スポンサーサイト
[ 2017年07月29日 05:46 ] カテゴリ:にいがたの食を売ることの支援 | TB(0) | CM(0)

にいがたの「食の応援隊」としての取組

ワークアシストは
①食品製造設備の売買
②食品工場設備保全
③モッタイナイ工場備品の売買
④モノ作りの現場を「育む」支援
⑤「売る為」の支援
⑥継続して伝える為の支援
の六つを通じて、「食のにいがた」に携わる方々をサポートさせて頂いています。

この取り組みを通じて培ったネットワークで、さらには「お互いを繋げること」を、とても重要視しています。
弊社だけでは、提供出来ないサービスや商品を、このようなネットワークの中で、提供させて頂ければ、お互いのビジネスチャンスに繋げることが出来ます。
それは、食のモノ作りが抱える「育む」「作る」「売る」「伝える」という課題に対して、一つの課題だけにとどまらず、「効果的な取組順序」を考慮した「問題解決」を提供させて頂きます。
その中で「今、一番大切な事」を明確にして、ソリューションとして提供すること。または「異業種の見習うべきポイント」も、「食のにいがた応援隊としてフィードバックさせて頂くこと。

こんな取り組みが「食のにいがた応援隊としてのワークアシストの立ち居地です。



[ 2017年03月27日 06:13 ] カテゴリ:にいがたの食を売ることの支援 | TB(0) | CM(0)

にいかだの食の担い手の皆様へ

仕事柄、様々な「食のモノ作りの現場」を拝見させて頂き、食の現場と金属加工の現場を比較すると、お互いにとても参考になる場合が多くあります。
先ずは「数」と「安全」、そして「衛生」というカテゴリーです。

【数に対する取組ポイント】
①数を上げる治工具の工夫は、圧倒的に金属関連の製造業様が長けている。(理由はひつとだけ。絶対の粗利額が高いからです)。
②食関連の数を上げる工夫は、一部社員100名以上のクラスの企業様は長けているが、県内企業数からすれば絶対数が少ない。
③人手に対する依存度は高く、手作業の工夫により個人差が現れる

【安全と衛生】
①安全はお互いに「職場環境の整備」をしているが、女性が多い分、食関連の企業様が長けている。
②衛生は、圧倒的に食関連の方々が対応を余儀なくされている。
上記2つのポイントからしても、仕事の違いはあるにせよ、よーく考えると5Sの定着が如何に「経常確保」に密接に繋がるかが理解出来ると思います。

良く金属関連や食品関連でも「お取引様による工場監査」と言うお話がありますが、これはこの方々に見せる為の5Sではなく、自分達が儲けて事業継続し、雇用を維持し続けること。これが強いては「お客様とファンに喜んでいただく事」になります。
事業継続をしなければ、「お客様に喜んでもらうこと」は出来ません。
よーく順番を考慮し、「食のにいがたのファン」を喜ばし続けて下さい。





[ 2017年01月29日 06:43 ] カテゴリ:にいがたの食を売ることの支援 | TB(0) | CM(0)

休眠設備シュリンク包装機照会です

弊社お取引様からの照会が昨日ありました。
表記の件、段ボール(380×360×165)のサイズのものを包装したいとの事です。
休眠設備が有れば仕様と写真、そして売却希望価格をお教え下さい。
[ 2016年07月12日 06:12 ] カテゴリ:にいがたの食を売ることの支援 | TB(0) | CM(0)

正に MADE IN 新潟の「つるこし しっとりコクの味わえる」新潟県京ヶ瀬のまめ工房いとうさんの御豆腐です

昨日、五泉市での仕事の帰り、以前から気になっていたお豆腐やさんへ寄って見ました。
京ヶ瀬のまめ工房いとうさんの御豆腐です。
160609まめ工房いとうさんの御豆腐
この写真は、切り出した時にでる端っこのお豆腐であり、少し硬いお豆腐だそうです。
でも、私個人的には「食感のしっかりした豆腐」が好きなので、「正に つるこし しっとり」とした食感で、とても好きなお豆腐でした。
現在、曜日限定で「新潟伊勢丹」にもてでいるそうです。
そして何より嬉しいのが、隣のエリアのカメヨコさんの大豆を使っているお豆腐との事で、お知り合いの大豆がこんな近くで使われている事にも、わくわくさせて頂きました。
「食のにいがた応援隊」を自負している私ですが、最近食品製造の方々とお仕事をさせて頂いて頓に感じる事。それは「作ることへの時間のエネルギー消費」がすごく、なかなか一番大切な販促に時間が割けないというのが、現状のようです。
でも少し、考えても見てください。
私は全く奇麗事を言うつもりはなく、やはり「ビジネス」としては収益の確保が大切です。
そんな時、「つくる時間を少しでも、販促活動へ廻す為の道具」は必ず大きなコストをかけなくても出来る事はあるはずです。
「まぜる」「きる」「つぶす」「保管する」等、金属加工で培ったノウハウは「食のにいがた」に携わる方々にはお役にたてると思います。
こんな「食のにいがた応援隊」として微力ながらお役に立ちたいと思った昨日でした。



[ 2016年06月10日 03:59 ] カテゴリ:にいがたの食を売ることの支援 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。