にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  人材育成サービス(育てる支援)

仕組みとは、結局人が創り、人が運営するもの

様々なシーンで会社には「仕組み」があります。
「作りだす事は、比較的簡単」でも維持、運営、改変する事が一番大変で重要な事なのです。

ワークアシストが「仕組み実践屋」として位置づけられるのは

①人の育みの仕組みを必ず入れて支援する。
②自立が出来る会社に合う仕組みをクリエートする。
③余計な、書類をなるべく作らない仕組みで運用してもらう。

が理由です。

様々な仕組みの運用や維持、改変でお悩みの方は、是非お気軽にご相談下さい。
[ 2017年08月20日 05:18 ] カテゴリ:人材育成サービス(育てる支援) | TB(0) | CM(0)

微力ながら「自考力向上」で事業黒字化のお手伝いをさせて頂けました

先週大変嬉しいお話をお取引様より、頂きました。
以前より「現場自考力向上支援」をさせて頂いているお取引先様の社長様より「ご支援部門の単独黒字化が出来た」という報告を頂きました。

こんなに嬉しい事は、ありません。
やはり経営トップの本気度は、必ず芽が開きます。
今後とも、「背中を推して差し上げて、継続的に黒字化するお手伝い」をさせて頂きます。



[ 2017年08月08日 05:33 ] カテゴリ:人材育成サービス(育てる支援) | TB(0) | CM(0)

実践屋としての販売促進に対する実践方法と取組の姿勢

今回、ある「女性向けサービス店の販売促進支援のご相談を頂きました。

弊社もお客様のご支援のお陰で設立依頼8期目を迎え、様々な販促支援のお手伝いをさせて頂きました。
その間、様々な業種(製造業様、宿泊業様、タクシー会社様等)で販売促進のご支援~実績をあげる事が出来ました。

この様々な業種の方々が成功された要因は、只ひとつ、それは
「自前自社にて、人を育み、自考力をつけ継続的に実行している」ここだけです。


弊社支援の特徴は、この成功要因に則り、ここに注力し「抜本的な根底から支援させて頂く」方法を取らせて頂いています。
その為には、モノ売りではないノンハードのソフトウェアビジネスのサービス業とは、もっともっと「人」に関わる
要因がとても大切になります。
これを確実に実現し、「継続的に事業化をし収益あげること」。これを念頭においた内容にさせて頂いています。
会社とお店という区別はなく、「対価をお預りして事業を継承する」という観点からは、弊社は共通認識をさせて頂いています。

「自考力による販促活動の継続」

この仕組みを作り、実践して頂くのが「実践屋」としての取組です。

[ 2017年07月01日 09:39 ] カテゴリ:人材育成サービス(育てる支援) | TB(0) | CM(0)

【取組事例】既存ホームページのオンラインショップの売上の向上支援

昨日、あるお客様より「嬉しいメール」を頂きました。
オンラインショップの売上がここ2カ月順調のようです。

弊社がお手伝いさせて頂いたのは
「上手くホームページを活用して、成果を出す仕組みのご提案」と、具体的な取組み手法を継続的にご助言させて頂いた事です。

これは、何より大切な事。

「なぁんだ!! 自分達で考えてやれば結果でるじゃん」。この成功体験を担当者の方々に実感していただく事。これが大切な弊社支援内容なのです。
これこそ「自考力向上の仕組みの社内定着支援」
ホームページを作ることや、自社で全て請負う事が、弊社の役割ではありません。
「実践屋とは、既存のスタッフでコストを掛けずに成果の出る仕組みを作り、社内定着させること」これがワークアシストのコンセプトです。

[ 2017年05月28日 05:34 ] カテゴリ:人材育成サービス(育てる支援) | TB(0) | CM(0)

自考力の向上をしながら、課題解決のスタートラインに立つには

①目的を再認識する事。(全員が同じ共通事項として認識出来る事)
②ゴールを決める事。(何時までに、誰が、何を、どのようにするかが関係各位で共有出来る事)
③取り掛かるプロセスの中で、必ず「なぜ?なぜ?なぜ?」を繰り返す事。(本当にもっと違う手法は、本当にないのか?)
そんな中で、先ずは「60点」を目指す取組をスタートさせて下さい。
スタートが無い限り、絶対に「80点」は取れません。
[ 2017年03月31日 08:54 ] カテゴリ:人材育成サービス(育てる支援) | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター