にいがたを元気にするワークアシスト

「つくる。売る。伝える。」の三つの輪をひとつにするにいがたのナビゲーター!!                        
にいがたを元気にするワークアシスト TOP  >  改めて気付かされる大切な事

経験・ノウハウは【扉】を開けて創るもの

様々な仕事は、「ひょんな事」から依頼されたり、声がけを頂くことにビジネスに繋がる場合が多く有ります。
後で振り返ると「あの時、えーっと思ったが、今考えると、それが現在の主業になっている」なんて事も、良くある話だと思います。

今振り返ると、その「えーっ」と思った時に、【扉を開けたこと】が、経験・ノウハウの蓄積に繋がる場合は多いと思います。
様々な、モノ作りの現場を観ていると、今は端境期のような気がします。
でも、こんな比較的時間に追われない時は、意識して【チャンスの扉】を開けてみましょう。

きっと開けて良かった。と思う時、必ず来るはずです。

[ 2017年05月12日 05:13 ] カテゴリ:改めて気付かされる大切な事 | TB(0) | CM(0)

【モノを作るという事】

モノを作る目的はなんでしょうか?

それは「必要とする人がいる」から作るのだと思います。
作った時は製品、売れたときにやっと商品になります。

すると製品→商品にするプロセスの中で
①納期
②品質
③調達コスト
という課題が出てきます。
何れも、社内外のソリースという事が、様々な判断になりますが、本当に「社内外のリソース」は、正確に把握されていますか?
社内作業工程の負荷、協力先様の負荷。是非再度念入りに調べ、把握されてみて下さい。
本当に無理ですか?
例えば

①代替工程は無いのか?
②協力先様の設備形態はどうなっているのか?
③負荷とは、「優先順位の組み換え」で対応出来ないのか?

こんな事は都度、把握する必要があるのです。
すると、また違った案が結構あるものなのです。

先ずは「自社で考えて見てください」
それでも「困った時」には弊社迄、お気軽にご相談下さい。

これも一つの「自考力の向上」に繋がる取組です。









[ 2017年03月29日 08:12 ] カテゴリ:改めて気付かされる大切な事 | TB(0) | CM(0)

モノ作り期限が守れない大きな要因

組織として、成果を上げるには四つのポイントがあります。(ドラッカーの考え)
これを自分なりに少し噛み砕き、タイトルの要因と結びつけてみました。
(※因みに私は「ドラッカー信者」ではありません) (

①ゴールから逆算すること。
例えば、経営者、管理監督者、担当者によってゴールは違いますが、1年で考えた場合は、期の目標がこれにあたります。
その中で、現場を廻すには「週の目標」が明確であり、それを立案し、実行する必要あります。
その為には、「週のベクトル」を決める事が前提となります。

②優先順位を決めること。

その週の負荷か高ければ、納期、納期余裕があるのであれば、受注残の前倒し、フレキシブルに現場を動かす必要があります。

③その中で、自分は何が出来るかを判断し、実行する。

取組ポイントが決まれば、その後は自分のやるべき週のベクトルが分かります。そうすると他の人に何を頼んで良いかが、分かります。

④各人の良いところを導き出し、それを活用して成果を上げる。

要は成果。頑張る事が目的ではありません。欠点が直る事を待っていては、何時までも成果は上がりません。



[ 2016年12月29日 08:15 ] カテゴリ:改めて気付かされる大切な事 | TB(0) | CM(0)

「人のモノ差し」で、基準を判断し依頼事に対応をする

モノ作りの現場を中心に「作る」「売る」「伝える」「育む」のお手伝いをさせて頂く中で、依頼先様の向こうには「依頼先様のお客様」が
必ずあります。
そんな時、対価をお預りする直接の依頼先様のみではなく、当然「その先にあること」を想定し、ご対応のモノ差しを変え対応をさせて頂くことが、弊社モットーとなります。
その判断により、「依頼頂くカタチ」が変化する場合もありますが、それは「成果」や「結果」を出す為には必要な「モノ差し」の選択です。
お客様の「欲しい」を充たすのは当然の事、その先も見て対応をする。これがコンセプトキーになっています。
[ 2016年05月30日 05:44 ] カテゴリ:改めて気付かされる大切な事 | TB(0) | CM(0)

皆が発言出来るチャンスを生む「45分スタンディングホワイトボートミーティング」

新潟県の経営者及び管理監督者の皆様
もの事の判断する時、色々な資料の提出を求めていませんか?
でもその資料って、誰か、いつ作り、何の為に活用され、それがどんな風に活用されたか明確に説明出来ますか?
そして、その会議に使われた資料はファイルに綴じ、後で見たり活用して有意義に疲れた事ありますか?
金融機関や官公庁ではない場合、私感ではデメリットの方が多いと思います。
資料作成~打合せまでのタイムラグ、これが一番悪だと思います。
そしてその為に会社の机でエクセルにつかまる。愚の骨頂だと思います。
モノ事は「秒速単位」で流れていますし、この振り返りをしても、それがどれだけ「収益確保」に繋がりますか?
それより、ペーパーレスで立ってホワイトボードを使い、それを印刷して「現場確認」に廻し、現場の様子、市場の様子を各階層の目線で見ることに時間を使うことがとても大切だと思います。
会社で机の上でエクセルを使い、会議に合わせて印刷し,配布する。ムダだと思いませんか?

私は「45分スタンディングホワイトボートミーティング」をお奨め致します。








[ 2016年04月29日 08:31 ] カテゴリ:改めて気付かされる大切な事 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ワークアシスト

Author:ワークアシスト
■経営理念
 3つの輪を繋げる事で新潟県を元気にしたい!
 「新潟県の仕事は、新潟県で対応」し、県内で経済活動を廻す
事のサポートが社命です
 
その為に、常に人との出会いに感謝して、常に人とのつながり  を大切にします。


■合同会社 ワークアシスト
■住所:〒950-0942    
 新潟市中央区小張木3-11-1  
■電話&FAX  
 (025)244-6913
■従業員 :3名
■代表社員:間 智幸

カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
お世話になっている方々
ある「こだわり」をお持ちの皆様です
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター